ここから本文

社会福祉法人・福祉施設との連携・協働

社協と社会福祉法人・福祉施設との連携・協働の目的

① 制度の縦割りを超えて包括的な支援を実現する

② 災害に強い地域づくり

③ 福祉教育、福祉人材の育成

④ 社協職員と社会福祉法人・福祉施設職員の学び合い

 

これまでの実施内容

① 社協団体会員としての参画

② 福祉施設見学会の開催(平成14年度~平成18年度)

③ 鶴田町社会福祉法人等による地域貢献活動連絡協議会の設立(令和2年7月)

 ● 設立の経緯

   2025年の超高齢社会の到来を間近に控え、住民の誰もが地域で生まれ、地域で育ち、

   地域を助け、地域で安心して老後を迎えることができる「青森県型地域共生社会」の

   実現に向け、令和2年度、西北地域県民局の委託により設立。

 ● 会の目的

   「法人」「社協」「地域」の三者協働による地域連携体制を構築し、地域に根差した

   地域貢献活動を展開する。

 ● 会員

   ・社会福祉法人梅の子会   梅沢保育所

   ・社会福祉法人鎌重会    つるのこ保育園、水元保育園

   ・社会福祉法人厚生会    児童養護施設 幸樹園

   ・社会福祉法人いずみ会   つるた乳幼児園

   ・社会福祉法人鶴寿会    認定こども園はやせ

   ・社会福祉法人清隆厚生会  認定こども園NOGIこども園

   ・社会福祉法人共生会    多機能型事業所 飛翔食房

   ・社会福祉法人桂久会    介護老人保健施設 湖水荘

   ・社会福祉法人鶴松会    特別養護老人ホーム 鶴松園

   ・NPO法人 鶴田町高齢者生活応援隊ゆいの会

   ・鶴田町民生委員児童委員協議会

   ・鶴田町健康保険課

   ・社会福祉法人 鶴田町社会福祉協議会

 ● 活動内容

   『つなぐ!!つながる!!暮らしのよりどころ相談所』

 ● 令和4年3月 「鶴田町地域貢献推進協議会」に名称変更

社会福祉法人・福祉施設との連携・協働