ここから本文

収集ボランティア

集めて役立つボランティア

家庭に居ながら手軽にできるボランティア活動として、収集ボランティアがあります。
場所と時間を選ばずに手軽に始められ、集められた物はそれぞれ専門の取扱い機関や業者等によりお金や品物と交換されることにより、社会福祉や学校等の貴重な財源として有効に活用されています。

収集しているもの 内容 ご寄附いただく際のお願い
プルタブ 集められたプルタブは1キロ40円で換金し、町の地域福祉に役立てられます。車椅子を購入するために、集めたプルタブが500㎏必要です。 ・よく乾燥させてください。水分が残っていると、カビや異臭が発生し、保管する際に衛生上の問題が出てきます。
使用済み切手切手ボランティア  集めた切手は、ボランティアの手で作られた古切手コレクションとして販売され、知的ハンディキャップの問題を正しく理解してもらうための啓発活動に使われます。 ・日本の切手と外国の切手に分類してください。・余白を5mm~10mm残して下さい。・消印に人気があるため、消印部分は切らないでください。
ハガキ  集めたハガキは、郵便局で手数料5円を引かれ切手かハガキに交換します。その新しいハガキで施設やボランティア等への通信費などに活用します。 ・書き損じのハガキでしたら、何でも構いません。・古い年賀ハガキ、古い暑中見舞いハガキ(かもめーる)でも構いません。・額面が50円以下の古いハガキでも構いません。

活動風景

image46みなさんから集めていただいたプルタブで、車椅子を5台購入することができました。
この車椅子を購入するために、集めたプルタブが500kg必要です。
今後もどうぞ、ご協力お願い致します。

ボランティアについて