ここから本文

ほのぼの交流事業

住んでいる地区の協力員グループが、要援護者世帯に声掛け等を通して見守っていく活動をしています。

  • 一人暮らし高齢者世帯
  • 二人暮らし高齢者世帯
  • 寝たきり高齢者世帯
  • その他見守りが必要とする世帯 (認知症高齢者世帯)

 

福祉教育講座

福祉についての理解を深め、ボランティア活動へのきっかけづくりとなるような場として、町内の小・中・学校をボランティア推進校に指定し各種講座を行っています。

指定校

  • 鶴田中学校
  • 梅沢小学校
  • 胡桃舘小学校
  • 菖蒲川小学校
  • 鶴田小学校
  • 富士見小学校
  • 水元中央小学校

 

各種講座の様子 福祉教育講座
No. 講座名 講師 対象 内容・目的
1 鶴田町社会福祉協議会会長(鶴田町長)講話 鶴田町社会福祉協議会会長 全学年 講話(20分)
社協会長(町長)から直接町の福祉の話を聞くことで、福祉に対する関心を深める
2 今、自分にできる福祉活動~赤い羽根共同募金の事~ 青森県共同募金会 講師又は鶴田社協 局長 学年別クラス別全学年 講話(1時間)
ボランティアへの興味関心を深め、共同募金で集まったお金の行き先や使い道を知る
3 地域の昔話を聞こう 成田 幸子 氏
鶴田町読み聞かせ支援隊
学年別クラス別全学年 講話(30分)
高齢者から地域(津軽)の昔話を聞くことで、地域の歴史を知る
4 手話を楽しく学ぼう 西北五ろうあ協会ろうあ者 1名通訳 1名 10名~30名 講話・体験(1時間半~2時間半)
実際にろうあ者と接し、理解を深め、コミュニケーション手段を学ぶ
5 点字ってなあに 青森県視覚障害者情報センター講 師 10名~30名 講話・体験(1~1時間半)
視覚障害者の文字である点字を実際に体験することによって、社会貢献もでき、情報環境を学べる
6 車いすを体験しよう 鶴田町社会福祉協議会介護職員 10名~20名 体験(1時間)
車いすの操作方法等を学び、体験を通して車いす利用者の気持ちを理解する
7 高齢者を体験しよう 鶴田町社会福祉協議会介護職員 高学年~10名~20名 体験(2時間)
体験セットを装着し、約80歳の体を体験することで、高齢者への理解を深める
8 グラウンドゴルフを楽しもう 鶴田町グラウンドゴルフ協会 会員 高学年~10名~20名 体験(1~2時間)
近年、高齢者に人気のスポーツを一緒に楽しみ、高齢者との交流を深める
9 昔のおやつを作ってみよう 日本赤十字社青森県支部鶴田分区奉仕団又は、町老人クラブ

連合会 女性部

高学年~10名~20名 体験(1~2時間)※食材費学校負担
昔ながらの故郷のおやつを料理し、食することで、昔の生活と郷土への思いを再確認する(予算5千円以内)
10 鶴遊館(保健福祉センター) へ行ってみよう 鶴田町社会福祉協議会担当職員 10名~30名 見学・体験(1時間)
鶴田町の福祉の拠点である鶴遊館を見学し、福祉、保健への取り組みを学ぶ

総合相談所

相談種別 開催日 相談時間 相談員
生活相談 5・15・25日 10時~15時 一般相談委員
介護相談 毎日 9時~17時 包括支援センター
福祉相談 毎日 9時~17時 社協職員

相談種まきくん

相談場所・・・鶴田町保健福祉センター「鶴遊館」

相談料 ・・・無料

※相談員には法的守秘義務が課せられていますので、
相談内容が外部に漏れることはありません。

地域福祉活動