ここから本文

福祉安心電話サービス

福祉安心電話ってなに?

一人暮らし、二人暮らしの高齢者世帯及び身体障害者世帯の方が、住み慣れた地域で生活していく上で、緊急時の安全と、精神的な不安を解消する緊急通報システムです。相談、緊急通報、火災など24時間体制で対応し、地域住民の協力員が、緊急通報時、設置者宅に訪問していろいろな手助けを行います。

安心電話緊急通報の対応

緊急通報のボタンを押した場合、福祉安心電話中央センター(県社協)につながります。折り返し設置者に電話して様子を伺い、もし応答がなかった場合、地域の協力員がかけつけます。応答があった場合は、設置者の希望により、救急車等の手配や協力員に訪問を依頼し状況の確認、対応を行います。
火災報知器が熱を感知した場合は、中央センターが消防車の出動を要請します。

協力員とは

設置者に対し、地域住民の3~4名の協力員がボランティアで配置されており、中央センターの派遣依頼を受けた場合は、設置者の自宅に訪問し、状況の把握や、必要であれば救急者を呼ぶなどの処置を行い、救急時に迅速に対応していただいています。また協力員と設置者が関わることで、孤独や孤立を防ぎ地域とのふれあいを図っています。

設置費用は?

現在、設置費・月会費は無料になっております。(設置者の都合による機器の移動等の場合、自己負担有り)

手続き

利用を希望する場合は、地域民生委員に相談し、鶴田町社会福祉協議会 地域福祉課に申請書の提出が必要です。


※詳しくは、青森県社協の福祉安心電話紹介ページをご覧ください

在宅福祉サービス事業