ここから本文

居宅介護支援事業(ケアマネージャー)

居宅介護支援事業所とは…

介護保険を利用する介護の必要な方や、ご家族のご要望を尊重し、ご利用者の心身の状態やご家族の状況を考慮して適切なサービスが利用できるように支援する事業所です。ケアマネジャー(介護支援専門員)が、ご利用者とサービス事業者のパイプ役となり、連絡・調整や介護に関するさまざまな相談に応じます。また、継続的なサービスの評価、苦情の受付などを行います。
これらのご相談や介護サービス計画作成の費用負担はございません。

主な業務内容

  • 介護に関する相談
  • 居宅サービス計画(ケアプラン)の作成
  • 市町村、保健・医療・福祉サービス機関との連絡調整
  • 福祉用具・住宅改修の相談
  • サービス提供事業者との連絡調整
  • サービスご利用時の苦情受付
介護保険のサービスをご利用される時は…

まずは要介護認定を受けることが必要です。ケアマネジャー(介護支援専門員)が要介護認定申請
のアドバイスやケアプランの作成、介護サービス事業者との調整などをお手伝いいたします。ご本人の心身の状態やご家族の状況に合わせて、様々なサービスを計画的にご利用いただけるよう、一貫した支援体制で皆様のご要望にお応えいたします。

利用手続きについて

サービスご利用まで

まずお話しを伺います。ケアマネジャー(介護支援専門員)がお宅に出向きます。要介護認定
申請がお済みでない方にはアドバイスや、ご家族に代わって申請代行もいたします。

私たちが誠意を持って支援いたします!!

  • ご本人だけではなくご家族の方のさまざまなご要望にお応えし、ご希望に沿ったケアプランを共に考えながら作成します。
  • 定期的にご家庭を訪問して、今のプランにご満足いただいているか、内容は充分か、変更の必要性がないかなど、ご意見やお考えを伺います。

お気軽にご連絡ください!

地域福祉推進事業(トータルソーシャルワーク)とは…

だれもが安心して暮らしていくことができるよう、地域福祉業務(幸せの種まき運動・ほのぼの交流事業・福祉教育など)とケアマネージャー業務を融合させ、地域及び住民を支援しながら、地域福祉を総合的に推進することを目的にしています。

主な業務内容

  • 町受託の要援護者世帯実施調査事業やほのぼの交流事業、福祉安心電話事業と連携しながら、要援護高齢者等の心身状況等の実施把握とニーズの状況を集約し、各相談に応じる。
  • 幸せの種まき運動やニコニコ教室、老人クラブ会の会合等へ参加し、地域の情報及び状況を把握する。
  • 地域の生活課題の中から、地域ネットワークづくりの構築を協働で行う。

介護保険・障害者自立支援事業